コミュニケーション・リフレッシュ プラス 木製オフィス家具 MARU(マル)

商品使用例

本格的なオール木製で設計されたオフィス家具シリーズ

PLUS(プラス) 木製オフィス家具 MARU(マル)は、本格的なオール木製で設計されたオフィス家具シリーズで、木の柔らかな風合い、丸い部材が作り出す心地よいリズム感が魅力です。

個人のクリエイティビティを最大限に発揮し、ワーカー同士のコミュニケーションを高める、新しいスタイルのワークプレイスの構築を可能にします。

ラインナップ

ベンチデスク

木の柔らかな風合いが心地よい天然木のオーク材を使用したデスクで、柔らかなナチュラルと、シックなブラックの2色から選べます。天板の両側に着座できる両面タイプのデスクで、固定席はもちろん、フリーアドレスデスクとしての利用もおすすめです。また、会議や打ち合わせ用のテーブルとしてもご利用が可能です。

ハイ、ミドル、ローと高さの異なる3タイプをラインナップしています。ハイタイプはハイチェアと、ミドルタイプはスタンダードチェアと、ロータイプはソファと組み合わせて、目線が異なる3タイプのデスクをワークスペースに置いて、クリエイティビティ溢れる働き方を実現します。

ベンチデスク

カウンターチェア

カウンターチェアは、ハイタイプのベンチデスクと組み合わせて、いつもより少し高い目線でのワークスペース、ミーティングスペースの創出が可能です。本体部分はナチュラルとブラックの2色、背・座はクロス張りで、スタンダードカラーが2色、特別カラーが4色からお選びいただけます。

また、同じデザインで、スタンダードな高さのアームチェアタイプもラインナップされています。

カウンターチェア

ワークソファ

背の高いバックパネルのソファにより、打ち合わせに集中できる空間作りが可能になります。バックパネルの高さは1330mmなので、集中を確保しながらも、周囲の人から存在がわかる、絶妙な高さです。

ミニマルなだけでなく愛嬌を感じる個性を持つソファです。

ワークソファ

ワークテーブル

ベンチデスクと同様の天然木のオーク材を使用し、柔らかなナチュラルと、シックなブラックの2色から選べます。

下の画像のようにワークテーブル同士を対抗させて利用したり、壁などに面して利用したりすることができます。固定席はもちろん、フリーアドレスデスクとしての利用もおすすめです。

ワークテーブル

コミュニケーションシェルフ

収納はもちろん、高さ920mmなので、天板の上を利用したコミュニケーションの舞台としての利用もおすすめです。ベンチデスクやワークテーブルと同様の天然木のオーク材を使用し、柔らかなナチュラルと、シックなブラックの2色から選べます。

ベースタイプとジョイントタイプがあり、ベースタイプにジョイントタイプを連結して増連することが可能です。

コミュニケーションシェルフ

1-60 / 60

  • 1
  • 1

おすすめ商品 RECOMMENDED ITEM

PAGE TOP